光触媒コート剤「NU-COAT AP」実験データ

  • 光触媒塗装・光触媒塗料販売
  • 株式会社ニュートラルの会社案内
  • 光触媒製品とサービス
  • 施工事例
  • 製品カタログ・施工要領書ダウンロード

光触媒コート剤「NU-COAT AP」実験データ

光触媒コート剤「NU-COAT AP」

資料請求

施工事例

光触媒について

  • 光触媒とは
  • 実験データ
  • よくあるご質問Q&A

株式会社ニュートラルの会社案内

  • 株式会社ニュートラルの会社概要
  • 製品ラインナップ
  • お問い合わせ・資料請求
  • 各種資料ダウンロード

試験名 ニューコートAP (ガラス塗布)によるホルムアルデヒド濃度低下試験
試験日 2003年8月6日
試験機関 株式会社アイエンス 分析センター K150139
試験方法
  1. ニューコートAP WAX①1.0%、②0.5%を用意する(水性WAXにニューコートAP粉末を入れる)
  2. ホルムアルデヒドのガスを調整(50リットル)。
  3. 1.0%塗布のガラス板をテトラバックの中に入れ、粘着テープを用いて密封。
  4. ホルムアルデヒドのガスを調整(50リットル)。調整ガス3リットルをテトラバッグの中に充填。(0.5%塗布ガラス板についても同様に行う。)
  5. 1つの袋には対照として調整ガスのみ充填。
  6. 紫外線:ブラックライト ナショナル殺菌灯GL-10を使用。
  7. ガラス板より約15cm上部から紫外線照射。
  8. 最初から1時間は暗室に放置、その後、紫外線照射。
  9. スタート時、5分後、30分後、1時間後、紫外線照射後、1時間後、2時間後のホルムアルデヒド濃度を測定。(ガス検知管法)
試験結果 ニューコートAP WAXによるホルムアルデヒド濃度低下試験
ニューコートWAX/経過時間(分) 0 5 30 60 120 180
ニューコートWAX 1.0% 19 18 17 12 9 7
ニューコートWAX 0.5% 19 18 13 10 7 5
対 照 19 19 19 19 18 18
(0~60分までは暗室放置、以後紫外線照射)単位 ppm

以上の実験により、ホルムアルデヒドの濃度が低下がった事がわかる。なお、暗所においてもアパタイトの吸着効果でホルムアルデヒド濃度が下がっている事も分かる。

アセドアルデヒド除去試験

試験目的 ニューコートAP によるアセドアルデヒドの除去率を図るため
試験日 2004年4月9日
試験機関 財団法人日本食品分析センター 第504030630-001号
検体 ニューコートAP 加工したガラス板
試験概要 光触媒製品技術協議会「光触媒性能評価試験Ⅱb(2001年度版)」ガスバックB法により、検体の光触媒性能評価試験を行った。
試験結果
試験ガス アセドアルデヒド
ブラックライトのメーカー名型式ランプ数 松下電器産業株式会社
National ブラックライトブルー蛍光灯 FL40S・BL-B 2灯
紫外線強度計のメーカー名・型式 TOPCON UVR-2 (受光部 UD-36)
検体採取量 5cm×5cm
試験片の前処理方法等 紫外線照射3時間
試験片上面までの距離 約175mm
試験室の温度範囲 21~22℃
試験成立条件の確認 有効
除去率 91%

以上の実験により、アセドアルデヒドが光触媒効果により、91%除去された事が分かります。

アンモニアの吸着・分解試験

試験日 2003年12月8日
試験機関 株式会社アイエンス 分析センター K150219
試験方法 ニューコートAP 加工したガラス板
試験概要 試験を行うサンプルを用意する。
 ①発砲スチロール(ニューコートAP コーティング)
 ②スポンジ A 穴あき(ニューコートAP コーティング)
 ③スポンジ B 穴なし(ニューコートAP コーティング)
 ④繊維(ニューコートAP コーティング)
  1. アンモニアのガスを調整(50リットル)
  2. 試供品3点(②③④)をテトラバック5リットルの中に入れ、粘着テープを用いて密封。
  3. 試供品①は、サイズが大きいのでテトラバック10リットルを使用。
  4. 試供品3点(②③④)はアンモニアの調整ガス3リットルをテトラバックの中に充填。試供品①はアンモニアの調整ガス10リットルをテトラバックの中に充填。
  5. 紫外線 ブラックライト ナショナル殺菌灯GL-10を使用し、試供品より約1.5cm(②③④)、約25cm(①)上部から紫外線照射。
  6. 最初から30分は暗室に放置、その後、紫外線照射。
  7. スタート時、10分後、30分後、1時間後のアンモニア濃度を測定。
分析方法 ガス検知管法
試験結果
0~30分までは暗室放置、以後紫外線照射
経過時間(分) 0 10 30 60 120
発砲スチロール 11 1.5 1 1 0.5
スポンジA穴なし 11 3 2 1 0.5
スポンジB穴なし 11 1 0.5 - 不検出
繊維 11 2 1.5 0.5 0.2
(0~60分までは暗室放置、以後紫外線照射)単位 ppm

アンモニア濃度

以上の実験により、暗所でありながらアパタイトの吸着能力により、アンモニア数値が減少し、紫外線照射する事でさらに「光触媒効果」により、数値が減少している事が分かります。

製品とサービス

  • 光触媒についてのお問い合わせ・資料請求
  • Tel. 073-427-8333(平日9時~18時)
  • メールフォームからお問い合わせ・資料請求
  • Fax. 073-427-8336
  • E-mail. info@nutral.jp
      愛知県H様邸への光触媒コーティング       和歌山県明治安田生命ビルへの光触媒コーティング       寺内のカフェへの光触媒コーティング       神奈川県万福寺会館への光触媒コーティング       千葉医大への光触媒コーティング       大阪府W様邸への光触媒コーティング 車内への光触媒コーティング 愛知県グレースメゾン刈谷PARK NOVAへの光触媒コーティング 和歌山県K様邸への光触媒コーティング       奈良県橿原市タリーズ内装への光触媒コーティング       和歌山県S様邸への光触媒コーティング プライムリゾート賢島への光触媒コーティング       アイリスオーヤマ看板への光触媒コーティング       万代スーパー内装への光触媒コーティング    

上に戻る